石波義人の俳優日誌

<   2008年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

5月31日 『猫』旅日記 日生劇場舞台稽古

いよいよ6月2日から40日に及ぶ日生名作劇場が始まります。

これは月曜から金曜まで毎日10時30分と13時30分の二回ずつ『猫』を上演して、小学6年生を無料招待する企画の公演ですが、朝早くからの公演だし連日の二回公演だし、かなりハードな公演になりそうです。

私は『アルジャーノン』の稽古が始まる前の6月20日までこの『猫』に参加させてもらえそうですが、体調に気をつけながらこのハードな舞台を勤めたいと思っています。

ちなみに今日は『異国の丘』の初日でもあり、それでも何とか演出家にみていただくために、朝九時からの舞台稽古となりました。(普通私たちの業界では信じられないほど早朝の開始時間なのです。)
[PR]
by scrooge9902 | 2008-05-31 07:00

5月29日 METライブビューイング

皆さんはライブビューイングというのをご存じですか?

METライブビューイングとは、生のオペラ公演ではなく、メトロポリタン歌劇場(MET)で収録されたオペラ公演映像をスクリーンで上映する企画のことです。

私は親しい友人に勧められ、昨年の大晦日、歌舞伎座に『ロミオとジュリエット』を観に行ったのを皮切りに、昭島の方に『トリスタンとイゾルデ』を、そして昨日目黒パーシモンホールに『ラ・ボエーム』を観に行きました。

これは素晴らしい企画です。

例えば『ラ・ボエーム』でいえば、ミミにアンジェラ・ゲオルギウ、ロドルフォに全盛期を迎えたテノール歌手ラモン・ヴァルガスといった一流の出演者を揃えて上演されたMETの公演を、概ね二週間遅れぐらいで、ライブ感溢れる映像で観ることができ、しかも料金が2000円から4000円という手頃な金額で鑑賞できるのですから。

しかもこの映像では歌い手の表情を様々な角度からアップで捕らえているので臨場感があるばかりでなく、幕間を利用して、楽屋に戻った歌い手や指揮者にインタビューしている映像や、出演者・指揮者が舞台に向かう様子やカーテンコールに臨む様子なども見せてくれるので全く飽きることがありません。

何万円も払って実際のオペラの公演を観に行くのもお金があるなら結構なことですが、私のような貧乏人にはとてもありがたい企画なのです。
オペラファンなら絶対に、またそうでない方にも是非一度ご覧になることをお勧めします。
札幌、さいたま、柏、品川、六本木、昭島、横浜、名古屋、京都、大阪、福岡でほぼ同時期に二回ぐらいの上映がありますので、どうぞお近いところにお出かけください。
詳細は公式サイト http://www.shochiku.co.jp/met/
でお確かめください。
[PR]
by scrooge9902 | 2008-05-30 21:28

『猫』旅日記 5月26日 市川

今日も市川市文化会館で1900人近い子供たちに我々のミュージカルを見せてきました。

そして、子供たちの送り出しの時、人間嫌いの魔法使いステファヌスというかなり渋い役どころを演じた私のところにもたくさんの数の子供たちが寄ってきて、さよならといって手を振ったり、私の手を握ったり、中には楽しかったですとわざわざ言いに来たり、私が手を出していると皆ハイタッチしていってくれたりするのが、最近とてもうれしく感じます。

中には私のひげに興味をもって何とか触ろうとして近寄ってくる礼儀知らずの悪がきもいますが、みんなお芝居を素直に楽しんで満足した顔ばかりです。控えめに手を振るだけの子や、はにかんで小声でさよならを言う子や、元気に握手を求めてくる子と、その子の性格によって表現の仕方はまちまちですが、私にはそれぞれみんなかわいい!!

昴の公演『アルジャーノンに花束を』の旅公演があって7月と10月はこの『猫』に参加できませんが、それ以外の旅公演は来年三月まで全部、私にこの役をやらせてほしいと願わずにいられません。
[PR]
by scrooge9902 | 2008-05-26 22:50

5月22日 『地球ドラマチック』収録

今日は『猫』の公演はありません。
でも、久し振りの吹き替えの仕事がたまたま入っていました。

5月28日19時からNHK教育テレビで放映される、地球ドラマチック『月に降りたロボット』の収録です。
アメリカのニール・アームストロング船長の月面歩行のニュースの陰に隠れてほとんど知られなかったのですが、当時のソ連は地球からの遠隔操作で月面を探査するロボットを開発し、それに成功していたという話で、私はその技術者ほか二人の人物の声を担当します。
興味あったらご覧ください。
[PR]
by scrooge9902 | 2008-05-22 16:29

『猫』旅日記 川口

今日は『人間になりたがった猫』はどういった趣旨で上演される公演なのかをお話しましょう。


“こころの劇場”と銘打たれたこのミュージカルは、日本生命、UFJ三菱銀行、三菱商事、トヨタ自動車など一流企業からの寄付金により、日本全国に120万人いる小学6年生のうち100万人の子供たちをこのミュージカルに招待し、もって命の大切さを知ってもらったり、いじめなどがなくなるように願って上演されるものです。

それゆえ、東京では日生劇場でひと月以上、北は北海道から南は石垣島までの公演地を、来年三月まで掛けて巡演します。

こういう趣旨の公演なので、いつもの公演の時とは違い、出演者は皆劇場出口で子供たちを見送ったりするのです。

そんな訳で、このブログを見てくださっている私の友人知人の中にもこの公演を見たいと言ってくださる方がおりますが、基本は小学生への招待公演なので一般の方は見られないことが多いのです。

御迷惑をお掛けしますが、一般の方が観劇できる日を調べておきますので、もうしばらくお待ちください。
[PR]
by scrooge9902 | 2008-05-21 20:45

『猫』旅日記 松戸

今日は大変でした。

いつもはウォームアップ開始時間の一時間くらい前には楽屋入りするように心掛けておりますが、今朝は激しい雨と風の影響で小田急線が大幅に遅れ、さらに常磐線も遅れたのでウォームアップの開始に間に合いませんでした。

場当たりには十分間に合うので心配ないのですが、開演までにいろいろやっておかなければならないことがあるので、少々慌しいのです。例えば、衣装の確認、早変わり場の衣装の準備と鎧のセッティング、魔法使いのひげとかつらの手入れとセッティング等等。

それはともかく、体と声のウォームアップが済んだらミーティングがあり、それが終わるとみんなマイクをつけてサウンドチェックをし、場当たりをします。
今回は小学6年生を招待している公演なので、終演後も劇場出口で子供たちを見送るのですが、その位置決めまでやります。
それが終わるとソロやデュエットがある人たちのサウンドチェックがあり、やっと開演前にやっておくべきことが終わります。

これが開演の約一時間前なので、それから急いで昼ご飯をかきこむと間もなくメーキャップをする時間です。
そして、ワイヤレスマイクを装着してから3種類の衣裳を着込み、口ひげ、あごひげ、かつらをかぶってやっと出来上がりというわけです。

あっ、もう一つ、開演前に自分のマイクが生きているかどうかを舞台袖まで行って最終確認をしなくてはなりません。

ねっ、いろいろとやることがあるもんでしょ?

ですから、2時の開演の時は私は大体10時前に楽屋入りをしますが、あっという間に時間が過ぎて行くのです。
[PR]
by scrooge9902 | 2008-05-20 22:18

『人間になりたがった猫』旅日記 浦安

c0024024_17431235.jpg

『人間になりたがった猫』は2チームあって、今のところは近郊を2チームが交互に担当して上演していますが、今日私のAチームは浦安で四回目の公演がありました。

近郊ゆえ各自の家からの通いの旅公演はそうそうのんびりはできませんが、それでも少しは旅情を感じることもあります。

浦安市民会館までお堀沿いの道を歩いたら、江戸末期のこんな茅葺き屋根の家を見掛けました。県の有形指定文化財になっている大塚家住宅だそうです。
[PR]
by scrooge9902 | 2008-05-19 17:43

『人間になりたがった猫』

随分長いこと更新できずにいてすみませんでした。

実は『アルジャーノン』の関越シリーズの旅が始まる直前に、劇団四季の方から『人間になりたがった猫』への出演依頼があり、旅から帰った翌日から『猫』の稽古に突入したのでとても忙しかったのです。
しかし何とか明日の初日に間に合ったようです。

この公演は6、7月の日生劇場での公演を含め来年三月まで全国を旅します。
長丁場の公演ゆえ2チームが交代で舞台を勤めることになるようですが、もし観劇をご希望ならわたしの出演日を私に確かめてからお出かけくださいね。
私は魔法使いのステファヌスの役を演じます。
c0024024_22255398.jpg

[PR]
by scrooge9902 | 2008-05-05 21:54



俳優イシナミヨシトの近況がわかります
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧