石波義人の俳優日誌

<   2007年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

旅日記9函館

c0024024_15225570.jpg

c0024024_15225566.jpg

一昨日、昨日と二回の公演ともお客様はとても喜んでくれた、と見送りに来てくれた函館演劇鑑賞会の役員の方が教えてくれました。
劇団昴を初めて呼んでくれた釧路、江別、苫小牧と同様この函館でも我が劇団の評価は高まったようです。

この状態をさらに維持発展させて、11月の東京公演さらに来年以降の旅公演につなげて行きたいと思います。

写真は大三坂とハリストスギリシャ正教会。
[PR]
by scrooge9902 | 2007-04-27 15:22

旅日記8函館へ

c0024024_1316359.jpg

江別、岩見沢、苫小牧と三日連続で続いた“ノリウチ”(当地に乗り込んでその日のうちに舞台装置を組み立て、公演を打つこと)の旅もいよいよツアー最後の公演地函館に向かっています。

若手の出演者はスタッフと共に、7時20分に苫小牧の宿を出発して函館に向かい、今ごろは装置を組み立てているはずです。
私たち年長組の出演者は同じ宿を出発したのが11時ですから随分楽をさせてもらっています。

それなのに毎日食べ物のことしか書いてないのは不謹慎と思われるかもしれませんが、そんなことはないのですよ。
食事の時間と量に気を遣い、そしてたとえ観光などする時間があっても頭の中では常に開演時間を意識していて、本番の時にベストの力が発揮できるよう心掛けているのですから。

でも限られた時間内で最大限に旅を楽しもうとしているのも確かです。だってせっかく旅に来ているのですから。

写真は函館に向かう車中から撮った北海道の海。
[PR]
by scrooge9902 | 2007-04-25 13:16

旅日記7苫小牧

c0024024_17553411.jpg

c0024024_17553436.jpg

食べてきました、ホッキカレー。

店は2時までで、私が行ったのは閉店時間を40分も過ぎて若い店員さん達は掃除をしているところでしたが、店の主人らしき方の「せっかく来てくれたんだから食べさせてあげて」の一言でホッキカレーにありつくことができました。

こくのある甘辛のカレーの中にプリプリしたほっき貝がごろごろとたくさん入っていました。

とても美味しかった。
これで800円は安い!

写真はふるさと海岸とマルトマ食堂のホッキカレー。
[PR]
by scrooge9902 | 2007-04-24 17:55

旅日記6 岩見沢

c0024024_158391.jpg

おととい札幌まで移動して、昨日は江別での公演。今日は岩見沢です。
公演の前に例によって腹ごしらえ。

今日はフランスパンにガーリックバターを塗ってローストビーフサラダを挟んで食べました。
これは若い頃、私の大好きだった先輩の美術家濱名樹義さんに教わった旅の楽しみ方のひとつです。
濱名さんは2000年『怒りの葡萄』の稽古中に亡くなりましたが、こんな食べ方をする時には必ず思い出します。

写真は会場近くの東山公園。ここで濱名さんを偲んで一人ピクニックをしました。
[PR]
by scrooge9902 | 2007-04-23 15:08

旅日記5 釧路 勝手丼ツアー

c0024024_175429.jpg

c0024024_1754263.jpg

今日は「くしろ演劇みたい会」の会員さんが釧路市内を案内してくれました。

まず和商市場で勝手丼を食しました。
その後、孵化して体長7センチほどになった鮭の稚魚を見学、フィッシャーマンズワーフで買い物などして、仕上げは足湯に浸かりながら美味しいソフトクリームをいただきました。

写真は私の作った勝手丼ととろろ昆布汁、そしてソフトクリームと私の右足。
[PR]
by scrooge9902 | 2007-04-20 17:05

旅日記4 釧路

c0024024_20254497.jpg

昨日釧路駅に着いたら驚きました。
20人ほどの会員さんが『ようこそ、劇団昴の皆さん』と書いた横断幕を持ってお迎えに来てくれていました。我々の芝居に対する期待の大きさが伝わり、少し照れくさくもありましたが嬉しいことでした。

そしてホテルに入るとまたびっくり、写真のような手作りの観光案内本がそれぞれの部屋に用意されてありました。

今日はこの熱意に負けぬ舞台をお届けしなくてはと思いました。
[PR]
by scrooge9902 | 2007-04-19 20:25

旅日記3 釧路へ移動

c0024024_1513721.jpg

c0024024_1513736.jpg

昨日の昼夜2公演も好評のうちに無事終え、今日は次の公演地釧路へ移動です。

札幌まで1時間半、札幌から釧路まで4時間の、ディーゼル列車の汽車の旅です。

途中、札幌駅での乗換え時間が5分しかなく、皆ダッシュして1番ホームから7番ホームまで走りました。誰かが乗り遅れるというような面白い事件は起きませんでした。

写真は車内の昼食、とんちゃんジャーキーのほろ酔いセット。(こちらはジャーキーもビールもグッドでした。)そして帯広名物とリーフレットに書かれていた豚丼とあんぱんですが、豚丼は肉が堅いし味付けもどうということはない、失敗でした。(もっともこの弁当しか残っていなかったのでやむを得ない選択でしたが…)
[PR]
by scrooge9902 | 2007-04-18 15:01

旅日記2 旭川

c0024024_123915.jpg

昨日の初日は終演直後から、つまりカーテンコールになる前から、客席より熱い拍手をいただき、お客様がこのお芝居をとても楽しんでくれた様子がよくわかりました。

その後の会員さんたちとの交流会にも私は出席しましたが、『感動した』、『この会を成功させるためにとても苦労したが、その苦労が報われた』といった声が聞かれ、演じた我々も大変気持ちよく飲みました。

今日もニオチせぬよう気を引き締めて舞台を努めたいと思います。


写真は平和通買物公園のある銅像前で。サックスの演奏を猫が聞き入ってます。
[PR]
by scrooge9902 | 2007-04-17 12:03

『アルジャーノンに花束を』旅日記 旭川

c0024024_13484682.jpg

いよいよ今日からツアー開始です。

まずは仕事の前の腹拵え、ということで、イカのゲソが好きな私はかねてよりマークしていた花ちゃんという店のゲソ丼を賞味しました。

おそばとのセットで450円。安いです。

この後、会館で台詞合わせをして夜の公演に備えます。
[PR]
by scrooge9902 | 2007-04-16 13:34

3つのお知らせ

桜の見ごろも終わって、新緑の季節もすぐそこまで来ているといった今日この頃ですが、皆様はお変わりありませんか?

さて今回は3つの催しについてお知らせいたします。

1.『久米明朗読の夕べ』 4月25日14時、27日19時 会場イーストステージ・いけぶくろ

 新生劇団昴としての第一弾として、劇団の先輩久米明の朗読を楽しんでいただこうという企画です。
 久米明が芥川龍之介の『トロッコ』と森鷗外の『山椒大夫』を朗読いたします。
 会場のイーストステージ・いけぶくろには三百人劇場で使われていた懐かしき椅子が使用されています。私も27日の回には北海道の旅公演を終えて駆けつける予定です。「石波の扱いで」と申し添えてくだされば、割引料金2500円になります。

2.『講演 感動について』 4月28日(土)16時 ヒューマン・ギルド研修室

 私はこれまでヒューマン・ギルド(これはアドラー心理学をベースにしたカウンセラーになるためのさまざまな講座を開いている会社です)の代表の岩井氏に依頼されて、何度も演劇ワークショップを開催していますが、今回は講演を頼まれました。舞台の上から『感動』を提供している立場から、どうすれば感動を与えることができるのかを自分の体験をもとに話したいと考えています。
 28日、29日と二日にわたって行われるヒューマン・ギルドの催し『共育塾』の中での一メニューとしての講演ですがの28日だけの参加も可能です。詳細をお知りになりたい方はご連絡ください。

3.『自己表現ワークショップ』  5月26日13:30~18:00,27日10:00~17:00
                    場所 ヒューマン・ギルド研修室 

 私の講座を受講された方はご存知でしょうが、ご自分の感受性を解き放ち、しなやかに生きていくための助けとなるように私が願って行う講座です。俳優訓練ためのメソッドを使っていろいろなゲームをやりますが、一般の方が体験されてもたくさんのことを“気付く”ことができます。
御一報くだされば会員価格で受講が可能です。

 私は15日より『アルジャーノンに花束を』の旅で北海道に行っております。ご連絡は携帯電話のほうにお願いします。
[PR]
by scrooge9902 | 2007-04-13 01:04 | 日誌



俳優イシナミヨシトの近況がわかります
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧