石波義人の俳優日誌

<   2007年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2月20日 バースディ

今日は私の58歳の誕生日でした。

数人の友人からはお祝いのメールを、Nさんからはプレゼントをいただきました。

同じ誕生日の有名人は石川啄木や、コマーシャルの撮影で共演したこともあるあの長嶋茂雄さんがいます。

この日は“天才肌”の人が多いといわれているのに、どうも私は違うようです。

でも、役を演ずる上で、この誕生日特有の“ひらめき”に助けられたことは何度かあります。
もっとも、“ひらめき”と思っていたものが単なる“間違った思い込み”だったりしたこともありますが・・・。

やはり、戯曲の冷静な分析とそれを表現しようとする地道な努力の後に、つまり十分苦しんだ後に、何かの拍子に生まれる“ひらめき”でないと本物ではないのかもしれません。
[PR]
by scrooge9902 | 2007-02-21 02:14 | 日誌

2月18日19日 柿生碁会所冬季囲碁強化合宿

たいそうなタイトルが付いておりますが、実は碁会所の仲間13人で熱海の梅を見てきました。
でも梅を見るだけでなく、囲碁と麻雀とキムチ鍋とおいしいブランディーを楽しむ会です。

宿は仲間のS氏が所有する、大変快適な広い別荘です。
外観を撮り損ねましたが、別荘二階のベランダからはこんな梅の木と、その先に熱海の海が見下ろせます。
c0024024_3162445.jpg

1階にはこんなテラスがありました。
c0024024_318172.jpg

で、早速強化合宿。13人のトーナメント制で優勝を競います。
c0024024_2455061.jpg

その横ではマージャンも始まりました。
c0024024_246713.jpg

そして夕食のキムチ鍋。
c0024024_2472836.jpg

おいしいお酒も付いてます。
c0024024_2483100.jpg

料理人はT氏。碁会所では私が3子置く手合い割りです。
c0024024_2492056.jpg

草鹿さんも参加しています。
c0024024_2494978.jpg


結局、私は碁の方は2回戦敗退、麻雀の方も力を出せずに終わりましたが、しかし、楽しく快適な合宿ではありました。
[PR]
by scrooge9902 | 2007-02-18 13:48 | 日誌

2月14日 麻実れいさんの紫綬褒章受章を祝う会

『麻実れいさんの紫綬褒章受章を祝う会』が大手町のパレスホテルで行われ、私もお祝いに行ってきました。
演劇界の興行主、劇評家、共演者、また宝塚出身の女優さんなど、著名人が多数集まりにぎやかな会でした。
麻実さんの謙虚な人柄が、多くの人を祝福したい気分にさせるのでしょう。

私は1998年、麻実さんの7回目のリサイタル『巴里物語』の時に歌い、踊り、またナレーションを担当しました。ものすごく楽しかった公演です。

御覧になっていない方のために、ちょっとお話しすると・・・
これは麻実さんと、日本一のダンサーと自称するハンサムな青年ヨシと、この私のたった三人で作り上げたショウで、
私の役割としては、『巴里の屋根の下』をほんの少し麻実さんとデュエットし、
麻実さんが歌う『王様のポルカ』の脇で、ハンサムな青年を追いかけるゲイのおじさんを演じ踊り、
ステッキを携えシルクハットに燕尾服のいでたちで3人が勢ぞろいして『青い花』を歌い踊り、
後半ではエディット・ピアフ(麻実)とマルセル・マルタン(ヨシ)の悲劇的な恋を私がナレーションすると言う筋立てでしたが、本当に楽しいお仕事でした。
もっとも、稽古の過程で3曲も踊ることになった時には私は死ぬかと思いましたが・・・

このときのお気に入りの写真を一枚お見せしましょう。
c0024024_19545246.jpg


ターコさん(麻実さんの愛称)の人柄を示すエピソードを一つ
いつも私のナレーションのある箇所に来るとターコさんの鼻をすする声が聞こえるので、風邪をひいたの?と私が訊くと、「違うわよ。いつもあなたのナレーションを聞くと泣けちゃうのよ」ですって。
この人のためなら一肌もふた肌も脱いじゃおうと思ってしまいますよね。

ターコさん、受章ホントにおめでとう。
[PR]
by scrooge9902 | 2007-02-15 19:26 | 日誌

2月13日 谷口香をしのぶ会

劇団の先輩で先月20日に亡くなられた谷口香さんをしのぶ会が一ツ橋の如水会館で行われました。劇団の俳優100名を始め、谷口さんにゆかりのある方々が300人ほど集まり松風の間は一杯になりました。

『八月の鯨』の再演の舞台に立つことを願って闘病生活を続けられていたそうですが、その夢は叶わず逝かれました。
しかし、一昨年の初演の時には周りから演技を絶賛され、本人も三百人劇場の最後の舞台に出演できたことをとても喜んでいたそうです。そして、息子さんにも「自分は母として、妻として、また女優として悔いのない人生だった」と告げられていたそうです。

私は芝居の勉強を始めた頃、テレンス・ナップ氏のワークショップに参加させていただいた時、一番たくさんペアを組んだのが香さんでした。その後何本もの芝居で共演させていただきました。

そのほか私はたくさんの思い出がありますが、今は香さんのご冥福を心よりお祈りしたいと思います。
[PR]
by scrooge9902 | 2007-02-13 23:28 | 日誌

久々のお散歩

2月12日
お天気がよかったので、久しぶりにミーコと昼間のお散歩をしました。
c0024024_155974.jpg


私の住んでいる集合住宅の裏にはまだこんな畑が残っています。
c0024024_1431267.jpg

c0024024_1441263.jpg

ミーコはしばらくあちこちの匂いをかいでいましたが・・・
c0024024_1502645.jpg

やがて懸命に穴を掘り始めました。
c0024024_1565764.jpg

で、結局ウンチをしたかったのでした。
c0024024_1582733.jpg

その後きれいに土をかけて、やっと活動し始めました。
c0024024_20558.jpg

でも残念なことに今日はあまりいうことを聴いてくれず、私の誘導には乗ってきません。
c0024024_211980.jpg

20分ほど私もミーコのそばで日向ぼっこをして帰りましたが、以前はよく月夜にこの写真の右に見えるお茶の木沿いの道を一緒に散歩したものです。
c0024024_21256.jpg

[PR]
by scrooge9902 | 2007-02-13 01:45 | 愛猫ミーコ

ユア マイ サンシャイン リテイク

2月8日
先日収録した『ユアマイサンシャイン』の追加収録がありました。

2002年のワールドカップサッカーで、韓国はイタリアを破って初のベストエイトに進みましたが、私はこの映画の中でその時の実況アナウンサーの声を担当しておりました。

一つのシーンでは収録したものの、同じシーンがその少し前にもあり、そこでもアナウンサーの声が聞こえていたほうがよいということになって追加の収録になりました。

よい作品に仕上げるためですから私も頑張って練習をしていきましたが、韓国4千6百万人の期待を担っての実況ですからアナウンサーも興奮しているし、また韓国選手の名前が発音しにくくて大変でした。

たとえば・・・
ファン・ソンホン、アン・ジョンファン、チェ・ジンチュル、ユ・サンチョル、イ・チョンス、ソル・ギヒョン、ソン・ジョングク、パク・チソン、イ・ヨンピョ、チャ・ドゥリ、ホン・ミョンボ

そしてイタリアの選手が
トッティ、ビエリ、マルディーニ、ブッフォン、ザネッティ、ユリアーノ。

収録は10分ほどで済みましたが、かなり汗をかきました。
[PR]
by scrooge9902 | 2007-02-10 04:37 | 吹き替え、CM、VPなど

2月6日 “自由”と“民主主義”

今日もドキュメンタリー番組の吹き替えをしました。

前回と同じ「欧米が見た中国」シリーズの『自由と民主主義』という作品です。

急速な経済成長を続ける中国ですが、その一方では、共産党の一党支配体制の下、言論の自由や、思想・信仰の自由に大きな制約があります。
中国の人々にはどの程度自由があるのか、本当の民主主義は実現するのかということを、チベット仏教、報道、司法などのさまざまな角度から、インタビューを交えて検証していきます。

近年中国の人々は、過去に比べて、より多様な価値観を持てるようになってはきましたが、共産党内には、言論の自由や思想信条の自由を安易に認めれば、体制崩壊につながるという強い危機感が今なお存在するようで、中国人民が現在の指導体制を正面から批判することは、まだ、許されていません。13億の人々を一つにまとめながら、その暮らしを、自由で豊かなものにすることが、いかに難しいことか、と解説の方が述懐しておりますが、大いに同感できる言葉です。

というのも、私も昨年、たかだか100人程度の昴の俳優たちをまとめることができなかった経験をしているので、一国のリーダーの大変さが身にしみて理解できるような気がするのです。
それが中国では、13億の人間をまとめていかなければならないのですから、胡錦涛さんはさぞ大変なことでしょうね。


私は、雑誌の編集者やチベット自治区の副主席などの声を担当しています。
2月13日(火) 21:10~22:00 BS1での放送です。

それにしても、中国の女性活動家は迫力があって一見の価値があります。
[PR]
by scrooge9902 | 2007-02-07 01:28 | 吹き替え、CM、VPなど

2月4日 成長の代償

ドキュメンタリー番組の吹き替えの仕事をしました。

NHK衛星第一で放送される、『欧米が見た中国』シリーズの中の『成長の代償』という作品です。

急速な経済成長を続ける中国は、国が豊かで強大になる一方で、工場からの排気や排水による深刻な環境問題や水不足の問題を抱えています。そうした影の部分を現地の住民や有識者・政府関係者へのインタビューを交えて描いています。

私は、報道カメラマンを辞めて、淮河(わいが)を救うための環境活動家になった人物をはじめ3人の声を担当しています。
2月12日(月) BS1で21:10~22:00の放送です。
[PR]
by scrooge9902 | 2007-02-04 20:50 | 吹き替え、CM、VPなど

2月1日 ライン オブ ビューティ

以前お知らせした『ライン オブ ビューティ』は、来る2月11日の21時40分から3話(第1話 愛の琴線、第2話 愛の略奪者、第3話 欲望の果て)連続でWOWOWにて放送されることが分かりました。

これはブッカー賞を受賞したアラン・ホリングハーストの小説『愛と欲望の境界線』をテレビドラマ化したもので、ある政治家の家に寄宿したゲイの青年の生き方を、イギリスの貴族社会や政界とのかかわりの中で描いています。

私はその政治家の役を、また劇団の一柳みるが妻の役を演じています。
御興味ある方は御覧ください。
[PR]
by scrooge9902 | 2007-02-02 02:13 | 吹き替え、CM、VPなど

1月31日 ユア マイ サンシャイン

『ユア マイ サンシャイン』という韓国映画の吹き替えをしました。

去年公開された時にはあまり客の入りがよくなかったそうですが、とてもよい映画です。
私は家でリハーサルをしている時に大泣きし、昨日スタジオで収録している時にも泣いてしまいました。

地方の農村に住む純朴な青年と風俗店に勤める女の子の純愛物語ですが、うそっぽさがなくて映画に引き込まれます。お勧めの映画です。

主役のソクチュンはわが劇団の遠藤純一、ヒロインのウナは円の高橋理恵子が吹き替えていますが、ディレクターの向山氏の演出に見事に応えて二人ともとてもよかったと思います。
私も“近所のおじさん”ほかいくつかの役を担当しました。

東芝エンタテインメントの制作です
[PR]
by scrooge9902 | 2007-02-01 12:31 | 吹き替え、CM、VPなど



俳優イシナミヨシトの近況がわかります
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧