石波義人の俳優日誌

カテゴリ:日誌( 48 )

昴野球部開幕試合

4月23日

一番年長ということで私が劇団の野球部の監督をやっていますが、昨日が昴野球部の開幕試合でした。相手は日本棋院ブレンズ。
                    投げる辻
c0024024_17285679.jpg

              
6回表まで5対5の競った試合でしたが、6回裏に敵失などあり3点リードしました。
最終回の7回はワンアウト1,2塁と攻められましたが、最後はサードの宮本君がファインプレー、うちのチームでは今まで数えるほどしかやっていないダブルプレーを成立させてゲームセットになりました。

4打数無安打の星野(左)と伊藤(奥)に囲まれスリーランホームランを打ちファインプレーもやってしまった宮本はうれしそうです。監督賞もゲットしました
c0024024_17362325.jpg

                   私も2打席凡退でした
c0024024_18213097.jpg

               皆で勝利の美酒に酔いました
               左から三輪、大島、渡辺、小田
c0024024_17414553.jpg

      左から記録係の藤平美保子(山北音響)、渡辺、舞台技術科の高松 
c0024024_17514764.jpg
 

           番外で、ひげを落とした私をアップします
c0024024_18152620.jpg

[PR]
by scrooge9902 | 2005-04-24 18:25 | 日誌

お花見

4月10日

碁会所で知り合った友人山室さんに誘われて、地元麻生川のほとりに花見に行きました。
c0024024_0114245.jpg

c0024024_0202325.jpg


山室さんは『さざなみ会』という句会を主催し、その句集の編集者であり、会の先生格です。
花見にはそのメンバーが何人か来ていました。
c0024024_021272.jpg


おもいおもいに句を作っては投句箱なるものに入れていきます。私も挑戦しましたが、どうしても上の句が浮かびません。手伝うから下の句だけでも披露しなさいというので「-----酔いに任せて花宴」と詠みますと樹声先生(山室氏の号です)上の句を入れてくれました。
    
   親(ちか)しさや 酔ひに任せて 花宴

先生、さすがです。ちかしさや、の一言でこの句に高雅な趣が加わり、句の据わりもよくなったと思います。自分だけの力で作れなかったのがちょっと悔しかったのですが。
             写真の右側が樹声先生
c0024024_0585745.jpg


ちなみに囲碁の方では私は7つも石を置いています。強い方です。
[PR]
by scrooge9902 | 2005-04-11 01:02 | 日誌

4月6日

マシュボーン振り付け・演出の『白鳥の湖』を観てきました。

よく訓練された踊り手たちが演じているので見ごたえがありましたが、残念ながら感動するまでには至りませんでした。
[PR]
by scrooge9902 | 2005-04-08 00:08 | 日誌

3月21日 賛助会員のためのパーティ

今日は年に一度、わが劇団を支持してくれる賛助員のための謝恩パーティの日だ。

この日のために俳優役員と制作部実行委員の山村は半年ぐらい前から準備をしてきたし、二日前からは俳優全員で各部署に分かれてお迎えの準備にかかったが、今回は出席希望のお客様が180人にもなり、かなり手際よく物事を進めないと三階の稽古場に入りきらないことが予想された。

私は統括という全体の進行具合に目を光らせる係りだったが、受付・クロークのチーフのFがインフルエンザで倒れたため打ち合わせ不足で受付がもたついたり、俳優合わせ250人もの人間が稽古場に入ったため室内が急激に暑くなったが、私自身お客様と歓談していたために冷房を入れる指示を出すのが遅くなったり、また牛山、姉崎、平田、遠藤が担当したオークションは面白かったが40分も予定時間をオーバーしてしまい年配のお客様を予想以上に疲れさせたりと反省することも多々あったが、朗読劇『シュウさんと修ちゃんと風の列車』は大変に面白かったし、ブルガリア紀行の上映の後のお土産争奪じゃんけんも盛り上がったし、星野チーフの料理もいつも以上に美味かったし(これはパーティ終了後に残り物を賞味した)、お客様にはおおむね喜んでいただけたのではないかと思う。

このパーティの反省も含め、4月3日に次に選ばれた役員に仕事の引継ぎをするが、これ以上参加希望者が増えたなら、別の会場を借りなければならないだろう。そんな予算はどこにもないのだが・・・。
[PR]
by scrooge9902 | 2005-03-23 01:30 | 日誌

スキー

家にたどり着いたら疲れがどっと出て、3時間ほどぐっすり眠りました。

が、起きたら元気になり、スキー仲間の向山さんたちが行っている田代に明朝早く行くことにしました。
ですから、今日はもう寝ます。
記事はもう少しお待ちください。
[PR]
by scrooge9902 | 2005-03-05 22:59 | 日誌

2月20日 壮行会

毎年行ってるスキークラブのメンバーである向山宏志(むこうやま)さんが、ブルガリアに行く私のために壮行会を開いてくれました。

向山さんは私が日ごろお世話になっているアテレコのディレクターでありますが、珍しく『ゴンザーゴ殺し』を観に来てくださり、終演後私の友人二人と一緒に飲んで話しているうちに、たまたまそのうちの一人加藤さんが大変なブルガリア通でしかも六本木のホテルアイビスの取締役総務部長だったことから話が盛り上がり、向山さんは思わず勢いで「壮行会をアイビスでやろう」と口走ってしまったのでした。

向山さんが声をかけてくれたスキークラブのメンバー5人と、自分ひとりが壮行されるのは気恥ずかしいので私が声をかけて誘った若手出演者5名と、向山さんと加藤さんと私の総勢13名で、「壮行会」という名目の“飲み会”は行われました。

私は本来晴れがましいことが好きではないので、人数が集まらなくて中止ということになってくれてもいいなと思っていたのですが、こうしてブルガリア公演を祝福してくれる仲間が大勢集まってくれたことはとてもうれしくて、私は感激してしまいました。

結局2時間ぐらいのつもりだったのに、あまりの楽しさに時を忘れ、気がついたら4時間も飲み食いをしておりました。

向山さん、加藤さん、スキークラブのメンバー、それに共演者のみんな、ありがとう。
[PR]
by scrooge9902 | 2005-02-21 14:41 | 日誌

2月17日 映画鑑賞

新百合ヶ丘のワーナー・マイカルにレイト・ショウを見に行きました。

公開も間もない「オペラ座の怪人」です。
1997年に劇団の仲間とロンドンに行った折、一番感動した舞台でした。
今回は映画なので話がよくわかり、その上スペクタクルになっているので視覚的にも楽しめるし、すばらしい曲と演技にも感動しました。

しかし97年に見た舞台の方が、英語をほとんど理解できなかったにもかかわらずより深く感動したような気がします。なぜなのでしょう?

それはおそらくライブ感の違いから来るのでしょう。映画の俳優も舞台の俳優もともによい俳優でしたが、映画の場合我々観客は無意識のうちに、これはフィルムに定着された人物で、決して今ここで実演されてはいないということを知っているので、緊迫感が薄れるのでしょう。

こうしてみると、我々のブルガリアでの公演も、少なくともライブでやる緊迫感は伝えられるかもしれないと思い、ほんの少しだけ気が楽になりました。
[PR]
by scrooge9902 | 2005-02-20 02:11 | 日誌

麻雀大会

今日は恒例の昴麻雀大会。

私は昨年の優勝者なのでぜひ参加してといわれたが、『ゴンザ』の稽古のため参加できず。

にぎやかしのため稽古の前に会場に顔を出し、ディフェンディング・チャンピオンからの賞としてどん尻の人に図書券を贈ることにして、すぐ稽古場に向かう。

2幕の稽古を6時間やって帰る道すがら、大会を終えて飲んでいた仲野裕君に様子を聞けば、私の賞は幹事の宮本充君にいったとのこと。
かわいそうな宮本君。

ちなみに優勝は田中正彦、準優勝は緒方愛香。


明日は初めての通し稽古。せりふをしっかり安定させなければ・・・。
[PR]
by scrooge9902 | 2005-01-05 01:09 | 日誌



俳優イシナミヨシトの近況がわかります
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧