石波義人の俳優日誌

亡霊の登場

c0024024_1756970.jpg

なに!?この写真は?

そう思ったことでしょうね。

実はこれは私が楽屋入りする開演3時間前の劇場の外の様子です。
スタッフとして動いてくれている劇団四季の若い俳優たちが、亡霊の登場の時に炊くスモークの準備をしているのです。

具体的には1キロ大のドライアイスを適当な大きさに砕いてネットに詰めています。


で、その量たるやちょっとびっくり、120キログラムも使うのです。

それを3台のスモークマシンを使って7人掛かりで操作するのです。


亡霊の登場を迫力あるものにするために、こうして120キロ(1万円くらい!)のドライアイス、7人のスタッフ、それから音響さん、照明さんなどが力を合わせて助けてくれるのです。

芝居とはほんとに贅沢な芸術ですよね。
[PR]
by scrooge9902 | 2008-01-20 17:56
<< 1月25日 声の仕事 『ハムレット』 自由劇場 >>



俳優イシナミヨシトの近況がわかります
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧