石波義人の俳優日誌

公演日誌 Ⅶ(千秋楽)

2月1日 京都 千秋楽 

とうとう日本での最後の公演の日がやってきた。

私はワークショップの教材がまだ探せていないのと、前日楽屋でベンヴォーリオ役の西本さんが私とアマリア役の米倉とエリザベス役の小沢さんにプレゼントしてくれた佐藤愛子の『血脈』という小説のことが気になり、また4時間ぐらいしか眠れなかった。

西本さんがこの本をプレゼントしてくれた真意は、チャールズとアマリア、エリザベスとの関係はこの小説『血脈』に出てくる佐藤紅緑とその妻ハル、およびその愛人シナとの関係に相似していて参考になるから読んでみなさい、ということだった。
私はブルガリア公演までには何とか芝居の中の3人の関係がよりよく表現できるよう頑張りますと答えたが、西本さんは今作り上げている3人の関係に不満をお持ちなのは明らかだったので、私はその日の夜から気になりだしたのだった。

で、朝早く目が覚め、ベッドの中で台本を広げ、その後喫茶店であれこれ考え、3人の関係に修正を加えられそうなことを思いついて少し安心し、府立図書館までワークショップのための教材を探しに行ったのだった。


府立図書館では結局教材として使えるようなものは見つからず、ワークショップでは予備に用意して置いた『動物たちのおしゃべり』という詩を使ったのだったが、この図書館でたまたま劇団京芸の代表の藤原薫さんという方が書いた『わが芝居人生』という本を見つけた。
この本は座員あるいは座長として劇団を運営してきた藤原さんに降りかかってきたいろいろな出来事が描かれているが、同じ俳優としての視点で文章が綴られているのがめっぽう面白く、約2時間、時を忘れて読みふけった。

芝居の稽古中、また公演中は、見るもの聞くものすべてを、自分が今演じようとしている役柄に関連付けてみてしまうもので、そして案外それが自分の役作りのヒントになったりするものだが、このときもそんな感じがして、興奮さめやらぬまま図書館を後にした。

この日の公演が自分としても満足の行くものだったことは言うまでもない。

こうして日本での公演は終わったのだが、いくつかの演劇鑑賞会の役員の方々も観に来てくださって、とても面白かった、あるいはすごい芝居ですねといってくれているのだから、2年後ぐらいにまたどこかへ旅公演に行けないものかなと私はひそかに期待している。
[PR]
by scrooge9902 | 2005-02-21 17:13 | ゴンザーゴ殺し
<< ブルガリア公演 2月20日 壮行会 >>



俳優イシナミヨシトの近況がわかります
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧