石波義人の俳優日誌

公演日誌 Ⅱ(1月22日から千秋楽26日まで) 

22,23日は切符が一枚もないほどの大入りで、ひそかに補助席を並べたほどでした。
お客様もよく笑ってくれ喜んでいるように見えましたが、私は原因がわからぬまま自分の演技に不満を覚えておりました。

すると、それに呼応するかのように次のような感想が聞こえてきました。
 1.古くからの私の友人藤田氏ー彼は初演時よりこの作品を大変気に入りお客さんを連れ て2回見てくれ、その上今回の再演時には年内の切符完売を目指してボランティアでチラシをいろいろなところに持ち込んでくれた功労者ですが、彼いわく
   客に向かって説明的に演技をしていないか、
   舞台中央の台を使いすぎていないか(これは初演のときと同じ動きなのだが)、
   よくなった部分もあるが2幕になってからのインパクトがなくなった。

 2.ポスト・ショウ・トークの折、初演時よりわかりやすく面白くなったという人が多かったが、一人だけやはり2幕のインパクトが薄れたと感想を述べられた方がいました。
   
 3.『樫の木は歌う』というミュージカルをやったときにお世話になった俳優座劇場の舞台監督荒木さんが、演出の菊池に「俳優が芝居の次の展開をわかりすぎているんじゃないか」と鋭いコメントしてくれたらしい。


以上の感想に耳を傾け、初演に比べて自分の演技に何が欠けているかを検証してみたところ、二つ気づいたことがあり、それを心にとどめて24日のまたもや満杯のお客の前で試してみた。
笑いは少し少なくなったかもしれないが、浮ついた感じが無くなり、インパクトのほうも取り戻しつつあると感じた。でもまだ納得はできない。


ちょうどこの24日にたまたまかつて劇団に在籍していた片岡弘貴が私の誘いに応じて見に来ており、終演後坂本岳大と一緒に感想を聞いた。
彼の話は面白くまたとても示唆に富んでいたので、小1時間のつもりがつい終電近くまで飲んでしまった。

しかしこのときの片岡のサジェッションが功を奏して、次の日のマチネーは坂本も私も自分の役が膨らみ演ずることがさらに楽しくなり、私の感触では芝居全体の出来を15%ぐらいは押し上げたのではないかと思っている。

そしてその日2回目の夜の公演、翌日の千秋楽とも納得の行く出来になり、カーテンコールも拍手が長く続き、念願のダブル・カーテンコールを両日体験した。
前述の藤田氏は千秋楽をまた見に来て「あれでいいんだ」といってくれた。
藤田氏と二人で楽しく気持ちのよい打ち上げをした。

が、この席で藤田氏が言った一言が、旅に行ってからさらに良い結果をもたらすことになる。


  
[PR]
by scrooge9902 | 2005-02-07 23:08 | ゴンザーゴ殺し
<< うれしいオファー 公演日誌 Ⅰ(1月22日のこと) >>



俳優イシナミヨシトの近況がわかります
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧