石波義人の俳優日誌

12月29日 『亀の不思議なおくりもの』DVD

『八月の鯨』の千秋楽の22日に、『亀の不思議なおくりもの』の共演者3人が三百人劇場に観劇に来てくれましたが、その時メイキング映像入りの『亀』のDVDをいただきました。

今日まで賛助員のパーティの余興(これは歴代の5人のスクルージとキャロル出演者が朗読と何でもありの演技によって話を進める正味1時間の見世物でした)の稽古と本番、そして劇団の引越しやらオーディションやらで見る時間が取れませんでしたが、今日はやっと休みになったので、自宅での用事をしながら<トバシ見>をしようと軽い気持ちでDVDをセットしたのでした。

ところがこれがナレーションも入ったかなり本格的な仕上がりで、1年前の実行委員会の立ち上げから本番・打ち上げ、そしてその3週間後に行われた須賀港ツアーの様子までを丹念に取材したメイキングDVDでした。出演者それぞれが稽古の進行状況に合わせて綴った稽古日記を軸にしながら、その稽古風景や出演者・スタッフへのインタビューを記録しています。もちろん『亀の不思議なおくりもの』全編も。

60名近い共演者は皆平塚近辺に在住の会社員であったり先生であったり、妻であり母であるような、いってみれば別の仕事を持っている人たちがほとんどで、彼らが自分の家庭や仕事となんとか折り合いをつけ、個々に悩みながらも歌やダンスや演技に必死に取り組んでいるところから次第に心を通い合わせて初日に向け一つになっていく様子は見ていて感動的ですらありました。

また公演のほうも、私などよりずっと歌がうまい人、切れ味のあるダンスをする人、生き生きのびのびと演技する人、そして演技をしつつ歌うことを初めて体験した合唱団の方たちも含めて全員がそれぞれの個性の中で輝いているように見えました。

そして公演の最終景を見ていて胸が熱くなるのを覚えましたが、これはプロの私を含めた出演者がさまざまな苦労を乗り越えて、その一場面に向けて気持ちを一つにしたからだと私は思います。当日御覧になったお客様もきっと私と同じように胸を熱くしてくれたことでしょう。

この公演に参加できたことを私は改めてうれしく思いました。


その後、苦労しながらも一つのミュージカルを創りあげたという、この麻薬のような体験の虜になった出演者10数名はこれからも公演を続けていきたいといってある劇団を立ち上げたそうです。
劇団名は『HONU』。
ホニュはハワイの言葉で『海亀』のことだそうです。

劇団『HONU』のメンバーとまた一緒に芝居作りができる日を私は心待ちにしています。
[PR]
by scrooge9902 | 2006-12-30 04:55 | 亀の不思議なおくりもの
<< 1月6日 謹賀新年 12月26日 劇団の引っ越し >>



俳優イシナミヨシトの近況がわかります
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧