石波義人の俳優日誌

ブルガリア紀行Ⅴ(続き)

今までのようなペースで投稿してるとなかなか最後までたどり着かないので、簡単に絵入りで載せることにしました。

2月25日(続き)

夜7時、イワン・バゾフ国立劇場で『ゴンザーゴ殺し』ブルガリア公演の幕が開きました。
幕開きで、外れている台上の板をはめてからせりふを始める段取りなのですが、スタッフがセットの仕方を間違えたために板が入らず、台上の床が不安定なまま1幕はやってしまうというちよっとしたハプニングはありましたが、芝居のほうは快調で1幕は今までやったどの公演より笑いがありました。
逆に2幕の拷問の場面からはシーンと息を呑む感じで舞台の進行を見つめているという感じでした。そしてカーテンコールは5回やるヴァージョンでやりましたが、最初からスタンディングの拍手で迎えてくれました。大きな花かごを3つも舞台に出してくれました。
私は演出の菊地と作者のヨルダノフを舞台に呼び上げました。

私たちの公演は大成功だったようです。

10時に始まったブルガリア人との稽古をワン・ステージ目とすると、2時からの舞台稽古がツー・ステージ目、そして7時からの本番がスリー・ステージ目に当たります。しかし今日はフォー・ステージ目がありました。日本からこのブルガリア公演を観に来てくださった観劇ツアーの皆さんとの交流会です。

しかしこのステージは前の3回のステージと違い、疲れはしませんでしたが。
近くのレストランで行われたこのパーティはヨルダノフさん、奥様で女優のイバナさん、セルベゾフ前日本大使、翻訳の中本さん、評論家の大笹さん、ブルガリアのセットデザイナーと出演者、菊地、荒川そして観劇ツアー参加の皆さんと我々出演者とスタッフという、大人数の交流会となり、12時過ぎまでとても盛り上がりました。

              ヨルダノフさんと米倉、吉田の二人
c0024024_23405280.jpg

[PR]
by scrooge9902 | 2005-03-31 13:00 | ゴンザーゴ殺し
<< ブルガリア紀行Ⅵ ブルガリア紀行Ⅴ >>



俳優イシナミヨシトの近況がわかります
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧