石波義人の俳優日誌

3月21日 賛助会員のためのパーティ

今日は年に一度、わが劇団を支持してくれる賛助員のための謝恩パーティの日だ。

この日のために俳優役員と制作部実行委員の山村は半年ぐらい前から準備をしてきたし、二日前からは俳優全員で各部署に分かれてお迎えの準備にかかったが、今回は出席希望のお客様が180人にもなり、かなり手際よく物事を進めないと三階の稽古場に入りきらないことが予想された。

私は統括という全体の進行具合に目を光らせる係りだったが、受付・クロークのチーフのFがインフルエンザで倒れたため打ち合わせ不足で受付がもたついたり、俳優合わせ250人もの人間が稽古場に入ったため室内が急激に暑くなったが、私自身お客様と歓談していたために冷房を入れる指示を出すのが遅くなったり、また牛山、姉崎、平田、遠藤が担当したオークションは面白かったが40分も予定時間をオーバーしてしまい年配のお客様を予想以上に疲れさせたりと反省することも多々あったが、朗読劇『シュウさんと修ちゃんと風の列車』は大変に面白かったし、ブルガリア紀行の上映の後のお土産争奪じゃんけんも盛り上がったし、星野チーフの料理もいつも以上に美味かったし(これはパーティ終了後に残り物を賞味した)、お客様にはおおむね喜んでいただけたのではないかと思う。

このパーティの反省も含め、4月3日に次に選ばれた役員に仕事の引継ぎをするが、これ以上参加希望者が増えたなら、別の会場を借りなければならないだろう。そんな予算はどこにもないのだが・・・。
[PR]
by scrooge9902 | 2005-03-23 01:30 | 日誌
<< ブルガリア紀行Ⅱ 3月20日 スパイ・ゲーム >>



俳優イシナミヨシトの近況がわかります
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧