石波義人の俳優日誌

『人猫』旅日誌 1月27日 盛岡へ移動 旧友との再会

昨日は盛岡での場当たりでしたが、その後で、31年前、別府の杉の井ホテルのショウで一緒に仕事をした友人に20年振りに会うことが出来ました。

当時上演されたのは火野葦平原作の『花と龍』という和製ミュージカルで、彼が主役の玉井金五郎役、私が彼の右腕となる森新之助役を演じて、四国中国九州の各地からバスを連ねて訪れるお客さんを大いに沸かせたものです。

この時の演出は広渡勲、振付が川西清彦という名コンビで、彼らは昨年佐藤しのぶさん主演のオペレッタ『メリー・ウィドウ』を大成功に導いたりしていますが、実は9年前麻実れいさんと吉元和彦さんと私の三人だけの出演者で盛りあげた『麻実れいリサイタル 巴里物語』の折にもとても素敵なショウに仕立てていただき、私はとても楽しい体験をさせてもらいました。

別府でのショウに出演して以来、このお二人は私が大変敬愛する先生方ですが、特に広渡さんにはミラノスカラ座の引っ越しオペラ公演の折、エキストラの仕事をいただき、プラシド・ドミンゴの2メートル後ろで兵士役をやらせてもらったり、ベジャールが振り付けしジョルグ・ドンが踊った『ボレロ』にちょっとだけうごめく(?)役で出演させてもらったりと、世界の超一流の歌い手やダンサーと共演させていただきました。

こんな体験は別にどうということもないようなものですが、一流の人のプレイを間近に見られたことは、私にとって大きな自信になりました。

だいぶ話が脱線しましたが、旧友とは昔のことや昔の友人たちのことをいろいろ話せて、とても楽しい夕べでした。

彼は神明町で「スパゴ」というスパゲッティの店をやっています。
美味しいですよ。スパゲッティがお好きな方はいらして見てください。

『花と龍』パンフレット
c0024024_22482954.jpg

見せ場の一つ、パナマ丸のシーン
c0024024_22491093.jpg

         中央が金五郎役の私の友人、右側が私。
c0024024_22495218.jpg

[PR]
by scrooge9902 | 2009-01-28 23:22
<< 『人猫』旅日誌 1月30日 青森 『人猫』旅日誌 1月25日 秋田 >>



俳優イシナミヨシトの近況がわかります
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧